男女

税理士や会計事務所を正しく選ぼう~最適法律プロ探し隊~

業務を依頼する時

男女

税理士資格とは

税理士の資格は、意外かもしれませんが、税理士以外の士業の資格にも付与されるものなのです。これは、どういうことかというと、公認会計士や弁護士にも付与されるのです。また税理士の試験は特殊な制度があり、必須科目が合計5科目あるのですが、これらの科目を無期限に1科目ずつクリアしても取れてしまうという資格となっています。また、税務署の職員の出身者なども、この税理士資格保有者がいるので、税務署OBの存在も会計事務所における税理士を語る上で欠かせない存在となっています。税務署は、その業務の特性上、どのような申告がいい申告なのかを熟知しています。従って、その経験を活かして、納税者側がいかなる申告をすればいいのかアドバイス出来るのです。民間における、税理士資格の保有者は、公認会計士や弁護士も含まれているし、税務署OBは税理士一筋の人材だと覚えておけばいいでしょう。これは、公営の事務所か、民間の事務所なのかの見分け方にもつながってくることです。

資格をチェックしよう

会計事務所や税理士に依頼して企業の会計処理をする時には、まずは税理士や会計士の資格をチェックしてみるのも良いでしょう。資格を確認しておくことによって、その税理士にどのくらいのスキルがあるかどうか判断することができるのです。資格に加えて、経歴や実績をチェックするのも1つのポイントです。経歴が多ければ多い程、あらゆる企業に対して柔軟に対応できるものです。