男女

税理士や会計事務所を正しく選ぼう~最適法律プロ探し隊~

業務内容は多岐

カップル

会計事務所の業務と一口に言っても、その業務は多岐に渡ります。基本的な主力業務としては、税務関連の業務です。これは、日本の税制に大きく関わってくることです。なぜ、日本の税制だと、会計事務所のような委託機関が必要になるのかというと、日本では納税者が自ら申告して納税するスキームを取っているからです。このスキームだと、どうしても納税者側に膨大な資料作成がもとめられることになります。企業体というものは、無駄を嫌います。従って、このような業務を、自社で税理士を抱えながらやっていくのは大変な負担となります。従って、法律の縛りで「税理士」が必要なほかには、業務効率の観点からも会計事務所が必要となるのです。また、会計事務所の仕事はよく誤解を受けるのですが、なにも「節税」の相談をうけるような業務はやっていません。このような誤解を受ける要因としては、「税務」とは秘匿性が重要になってくるからです。当然、税務においては、ものの売り買いにかかる税金においても必要なので、どこの企業体がどのようなものをどのような値段で購入したかデータになってしまいます。それは、企業体における競争力の根源に繋がることでもあるので、とくに隠さなくてはならない情報なのです。

このように、税金申請は申告はかなりややこしいものとなっています。企業として正しく経営していく為にも、税金に関する正しい知識が必要となるのです。税金申告や書類を間違えると、一気に企業の信頼を失う可能性もあります。それが意図的なものでなくとも、信頼を失うリスクがあるのです。そうならない為にも、少しでも分からない点があれば税理士や会計事務所に相談して解決するのが良いでしょう。