握手

税理士や会計事務所を正しく選ぼう~最適法律プロ探し隊~

企業会計と税理士

女の人

企業は基本的には決算書の公示義務があります。従って、企業が基本的には、決算や申告をしなければならないものなのです。必ず会計事務所に依頼しなければならないという義務は無いですが、プロに任せた方が正しく会計処理してもらえます。

View Detail

企業の会計について

握手

グローバル化が進めば何故、会計が厳しくならざるを得ないかというと、コンプライアンスの問題があるからです。コンプライアンスとは、日本語に訳すと法令順守と訳すことができます。企業には、基本的に決算書を公示する義務が課せられています。従って、すべての企業は、自前で会計の業務をする必要があります。しかしながら、税に関する業務に関しては、どうしても税理士の資格を有するものしかできない決まりになっているのです。法律で、税の相談や申告書の作成とその押印などは、資格職としてきめられています。つまり、自前で完全に税の業務をやろうとすると税理士資格を持つ職員を雇用する必要がでてくるのです。しかし、これはあまり現実的な方法ではありません。当然資格職なので、人件費は高く付きますし、直接雇用するにはリスクが大きすぎます。従って、ここで出てくるのが会計事務所お抱えの税理士なのです。会計事務所という単語は、実は法律的には何の効力ももたない用語です。正確には、会計士事務所や、税理士法人や監査法人がこれにあたります。これらを俗称で会計事務所としているのです。ここには、会計の業務を専業とする税理士が在籍しているので、企業における申告や会計の業務をこれらに委託するわけです。ただし、ここで一つの問題がでてきます。会計事務所と、会計の業務をやり取りするとなると、大量のデータをやり取りすることになります。従って、データの互換性が絶対に必要になってくるのです。この互換性の問題を解決するには、会計ソフトを見なおすしかありません。会計ソフトを会計事務所を基準に選ぶことで、データの互換性の問題をクリアできます。

業務を依頼する時

男女

税理士や会計士には資格があります。かなり難しい資格になっており、この資格を取得することが立派な税理士としての証になるのです。業務を依頼する時にはこうした資格を確認しておくのが良いでしょう。

View Detail

業務内容は多岐

カップル

税理士の業務といっても人によって仕事内容が違ってきます。特に税理士の場合、様々な業務に対応するので、依頼されている企業に応じて行なっている業務も違ってくるでしょう。

View Detail